2012年04月08日

諸事情により

諸事情により、blogを移動することにしました。
http://energunderthetaboo.blogspot.jp/

こちらと同じように細々とやっていくつもりです。

興味のある方は、是非引き続き温かい目で見守ってやってください。

多分、またあまり更新されないblogにはなるかと思いますが、よろしくお願い致します。

ではでは。
こちらは一旦休憩します。
しばらくはこちらも残しておくつもりです。

posted by hannah at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

欲望とわがまま



眠たい。

眠たいと思いたい。

眠くないと思いたい。


洗濯物をはやく片付けたい。

部屋を片付けたい。

新居もはやく掃除したい。

いらなくなった服をリサイクルショップに持っていきたい。

本を読めるようになりたい。

今やっていることを継続したい。

学んだことを消化できるようになりたい。

人の気持ちを思いやれるようになりたい。

相手が誰でも、別れなんて迎えたくない。

みんな変わらないでいてほしい。でもきっと、変わりたいのは自分。

過去のことを悔やみたくない。でも悔やむ。でも悔やみたくない。

お世話になったあの人にきちんと感謝の気持ちを伝えたい。

人のことを羨む人間になりたくない。

彼氏がほしい。

彼女の言うことは正論だったけど、私は自分のスタンスを変えたくない。

自分を信じたい。

あなたも信じたい。

みんなを信じたい。

彼はネガティブがよくないものだと言っていたけれど、私はそうでないと思いたい。

自分のネガティブさも否定したくない。

ネガティブの反対はポジティブだと思いたくない。

ポジティブばかりを良いものにしたくない。

でも喧嘩はあまりしたくない。

先入観でこの人苦手だな、とか思っちゃうときの自分が嫌いだから、そんなことは思わないようにしたい。

人と交わした言葉を一言一句忘れたくない。

写真で撮らなくても、目で見た光景を忘れたくない。

つまんない人間になりたくない。でもきっとずっとつまんない人間だ。でもなりたくない。

頭よくなりたい頭よくなりたい頭よくなりたい。

頭で考える前に行動にうつせる人間になりたい。

私のことを嫌いかもしれない、あの人と、あの人と、あの人と、あの人に会いたい。




誰かが、したいことは全部やればいいって言ってたな。

今日の私も。

最悪。



いやいや、
最悪 なんて言葉じゃなくて、
いつも 素敵 って言葉を使える人間になれたらいいだろうな。



ときどき、あるんだよ。
まわりがね、とびっきりキラキラしていて、
私はその渦を見ていて、
ただただぼうっとしていると、
どこを見ていたんだか、どこを向いていたんだか、どこを向きたかったんだか、
いろんなことがわからなくなって、真っ白になるような時間。

でもそんな時間を迎えるのもだいぶ久々だったりすると、
これまでの自分はそれをどうしていたのか思い出せないで、
頭の片隅では、佐藤伸治はなんで死んだんだろうとか、ふと考えたりする。

節目、とか、区切り、とか
そんなの難しすぎる。

こんなに、欲望ともわがままとも言えないようなのがわあっとでてくる時間なんて、
結局収拾がつかないじゃあないか。
まあ、現実ではそんな時間にも限りがあるんだけれど。


ふへ。


posted by hannah at 04:22| Comment(1) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

毎日、毎日、の中の1日





グレゴリオ聖歌の中にこんな歌詞があるそうです。


 怒りの日、
 その日はダビデとシビラの預言のとおり
 世界が灰燼に帰す日です。

 審判者があらわれて
 すべてが厳しく裁かれるとき
 その恐ろしさはどれほどでしょうか。





今日は何月何日だったでしょうか。

今日の何時何分、あなたは何をしていたでしょうか。



でも その1日も1分も1秒も、

毎日、毎日の中の1日、1分、1秒です。


毎日、毎日の連続は

これまで 続いてきたものでもあり、
ここから先 続いていくものでもあって、


時間は残酷。絶えずながれていきます。

止まることは、ありません。



私たちも、そんな時の流れには逆らえず、

1日、1分、1秒、生まれたときから少しずつ死に向かっています。



まず、やってみること。

そして、そのアクションに満足感でピリオドを打つのではなく、
この次、この次、を考えていきたい。

思考停止、活動停止、そんな余裕はないと改めて感じます。




今日もまた、 おやすみなさい。


posted by hannah at 01:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 本日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

Untitled



一度書き出すとおもしろくなるのがブログ更新というもので。

なんでこんなにも長い間放置しておいたのに 

ぽんぽんとまた、 お暇な人ねえと思われるかもしれないね。



でもね 日々は毎日毎日 いろんなことをぜーんぶまるめこんで

ころころ ころころと 転がっていくものなんですね。

だから書くことなんて考えなくてもたくさんあるものね。



今日は久しぶりに音楽にふれました。

遊びだとはいえ、
以前バンドをやっていたような人間だとは思えないくらい 最近音楽を聞いていなかった私ですが

今日はCD10枚2000円だというから、  ついつい、ね。


今回は割といいチョイスをしたと思いますよ。

普段よりは断然。

でも、知ってはいるのに借りたくて借りてなかったようなものがたくさんあって、
困ってしまったよ。

昨日ご紹介した私のお気に入りのEmilie Simon のCDを全然おいてくれてないんだもん、
悲しくなってしまったよ。



そんなこんなでいろいろな音に触れた今日。


ふと 

私の好きな一部の人たちの言葉を思い出した。




彼らは言っていた。

「僕にはなにもないんだ」と。


幼かった私には、そんな彼らがとてもかっこ良く見えた。

何かを作ろうとしているのに、どうして何もないなんて言い切れてしまうの、この人たちは。

かっこよすぎるわ、と。



それから少しの時間がたって、

私もまた違う形で ものをつくる ということを考えはじめた。

でも、頭でっかちな私には、やっぱり「何もない」なんて言えなかった。



私の中にはいろんなぐるぐるがふきだまっていた。

それは、吐き出しても吐き出しても足りないほどに。

私は彼らみたいに かっこよく なれそうになかった。



今日、写真家の米田和子さんのインタビュー記事をよんでいたら、

その中で彼女は、
たとえば、マグリッドの「これはパイプではない」という作品にあるような、
テキストとイメージのなしうる逆説的な関係性の面白さの話をしていたりした。

magritte2.jpeg



そんな彼女にとっては、やはりキャプションは重要なものだそうだ。



そして、「無題(Untitled)」とタイトルにつけることは、作家として無責任なことではないかと言う。

ここでの文章を少し抜粋。

" やはり、作品の制作時や撮影時には、作家自らなにかを選択している。さらに作品はパブリックな場所に置かれるものですから、写真家としてというよりも、アーティストの責任としてタイトルは必要です。投げやりに「無題」と付け、鑑賞者になんでも考えてくださいとする態度もありうるのかもしれないけれど、やはりそれは不親切で、タイトルをつけ、アーティストの考え方や思いを加えた方が面白いのではないでしょうか。 "


(と、多くの文章を引用することで本来の文章の弱さが見えるのはちょっとまずいことですね)




この "Untitled" という言葉が、私の中では、彼らの "何もない" という言葉とどこか似たニュアンスをもっていた。

もちろん、イコールではないのだ。イコールでは。

しかも、私の差す "彼ら" は、アートの人間ではないし、アートと他のメディアというのもイコールではないと思う。



ただ、なーんとなくいろんなところに思いを巡らせてかえってくると、

やはり彼らには何もなくなんかない。と思う。

むしろ、ありまくるのだ。

きっと、ありまくるはず。


だけど、口をそろえて 僕には何もない、と言う。

あえて言う。  それがありのままなんです、と。



私は、そんな彼らみたいに かっこよく なれそうもなかった。

そして、その かっこよさ は私の目指すところではないようにも思う。




だけど、



そんな彼らの言い張る 何もない ところからでてきたものが、 

ふとしたとき

ちょっとしたすきまへ ふわっと入り込んで、心を連れ出していってしまったりするから。




                それが とても悔しかったりもする。













posted by hannah at 03:14| Comment(1) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

5時半をまわりました







はやくねて、朝起きてやるのがいちばん。

っていうような、正しいとわかってる どんなアドバイスをきいたって、
いつでも頭がいきいきするのはこんな時間。


憂鬱な予感がしてた明日に、
思いがけない明るい光をもたらすのもこんな時間。

だったりするから、嫌になるわね。








って、誰かのまねしてみたつもりだったり。









なんて、

うそうそ。

おはよう!

って言うよ。


おはよう!


posted by hannah at 05:34| Comment(3) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。